ごあいさつ

恵泉から駅への道を歩いていると、ふと沈丁花の香りが漂ってきました。春を感じる今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか? 沈丁花の香りは福永武彦の「草の花」の一節を思い出させます。大学時代先輩の行っていた読書会で知った「草の花」は私にとって青春の一冊でした。

さて、2018年度の同窓会は4月20日(土)の総会を持って終わります。役員8名中5名が全くの新人でスタートした同窓会ですが、無事に一年を過ごすことができたのは、支えて下さった多くの方々のおかげと感謝しております。

4月20日の総会はまた新年度のスタートの時でもあります。2019年は同窓会創立85周年です。そこで今回のホームカミングデーでは「恵泉のいま、むかし、これから」と題して、恵泉の現状を現役の先生方から伺うとともに、長く恵泉で教鞭をとられ、今は退職された先生方をお招きして在職当時のお話を伺いたいと考えております。 退職された先生に会う機会はなかなかないと思います。多数の同窓生が参加され、楽しい歓談のひと時となったらと期待しています。

2019年度の同窓会は、6月21日(土)に蓼科ガーデンへの研修旅行、10月12日(土)は多摩キャンパスでの「園芸フォーラム」。そして12月7日(土)はクリスマス礼拝とコンサートを予定しております(総会での承認事項ですが)。

今後の計画のために皆さまからいろいろな情報とアイディアをいただけたら幸いです。

2019年度の同窓会が神様の導きのもと、学園や同窓生の皆さまとともに歩んでいけますようにと願っております。

なお、4月20日に出席される先生方のお名前は、順次、同窓会公式サイト、公式facebookページ等でお知らせしていきます。

追伸 同窓生の先生方は一同窓生として参加していただけたら幸いです。


2019年3月22日

同窓会会長 塚本康子(高校17)

ページの先頭へ