ごあいさつ

2017年度恵泉女学園同窓会活動は4月22日(土)の総会をもって始まりました。

活動方針は「キリスト教信仰による恵泉教育の精神に基づき、世代を超えての交わりの中で会員相互の成長と社会への貢献を志すとともに学園の発展に協力する」です。

同窓会は今年で創立83年となり、会員数は34,000名を超えています。
創立者、河井道先生の学園創立の理念「聖書」「国際」「園芸」を大切に受け継ぎ、学園の発展に協力します。

情報での繋がりとして、広報誌『ランターン』、学園広報『恵泉』誌の同窓会ページ「つばめの巣」、インターネットでは「公式サイト・公式Facebookページ」等がございます。

また会員の皆樣からの会費、維持費は「K.S.ファンド」運営により、同窓生のキリスト教伝道・社会福祉関係への支援・自然災害への救援活動・難民救済活動・学生及び同窓生を対象とする奨学金の支給に大切に使わせていただいております。

年間活動行事として、5月27日・大学の多摩フェスティバル参加、6月22日・蓼科ガーデン研修旅行、10月7日・園芸フォーラム、11月3日・恵泉デー参加、11月4日・恵泉祭(多摩キャンパス)参加、12月2日・クリスマス会を予定しています。

多くの皆樣のご参加を願います。どうぞお出ましください。お目にかかるのを楽しみにしております。

2017年5月10日

同窓会副会長 尾石翠(短園14回)

ページの先頭へ