ごあいさつ

長く続く梅雨、そして日照不足。お困りの方々も多くいらっしゃることと思います。昨年のような猛暑も困りますが、やはり夏は太陽がさんさんと照ってほしいものです。

梅雨の季節ではありましたが、天候にめぐまれた6月21日(金)、蓼科研修旅行が行われました。

総会案内のハガキやホームページでお知らせしましたが、なかなか参加者が集まらず、同窓生のみから関係者まで範囲を広げ募集したところ、43名の方々が申し込まれました。

今年は男性の旧教職員3名の参加者があったのが特徴でしょうか。

すべて順調に運び、「秋の蓼科もみてみたい」という声は担当役員にとって嬉しいことでした。

また後日、行きたかったけれど知らなかったという同窓生からの意見があり、どのようにお知らせするかが今後の課題です。

地震や暗いニュースも多いこの頃ですが、皆さまがそれぞれのところでお元気に過ごされますよう願っております。


2019年7月20日

同窓会会長 塚本康子(高校17)

ページの先頭へ