学園史料室が編纂した『こころに火を 秋田稔先生と出会って』の増刷ができあがりました。
学園関係者の方々が秋田先生について語られていて、この時期の恵泉を知る素晴らしい資料にもなっています。

ご希望の方は学園本部へお問合せください(電話03-3303-2111)。
一冊1000円でお分けしています。


ksf20180404_kokoronihiwo_akita.jpg
会報『ランターン』誌の第34号(2017年9月発行)の秋田先生を偲ぶ特集ページに掲載した、吉川俊子さん(普通部12,恵泉女学園短期大学名誉教授)、吉田ゆりかさん(高校35)、服部伸江さん(高校37)、高橋由紀さん(高校40)、松井光子さん(高校44)、鶴田香さん(高校47)の原稿も再録されています。


『こころに火を ―秋田稔先生と出会って―』 (恵泉女学園史料室編)
目次
刊行にあたって 中山洋司
若き日の秋田先生―一老学者の管見 川田殖
秋田稔先生への感謝―恵泉女学園でのお働きを中心に― 風間文子
「出会う」ということ 江口井子
真理の希求者、秋田稔先生 本山早苗
言葉の力 吉田ゆりか
ハンドベル演奏に寄せて 服部伸江
ひとりびとり 高橋由紀
先生の思い出 松井光子
"恵泉のこころ"秋田先生からの語りかけ 鶴田香
恵泉のこころ 秋田稔
秋田先生と園芸生活学科 大谷弘
秋田先生の薫陶を受けて 石塚真紀子
秋田稔先生と「第二の創業」 大山綱夫
秋田先生を偲んで 大日向雅美
秋田稔先生と恵泉会友の会 森田武夫
秋田稔先生―追悼の言― 吉川俊子
神の同労者となる 秋田稔
恵泉のこころを忘るるなかれ 秋田稔
「恵泉」巻頭言タイトル一覧
遺族親族を代表して 秋田純
秋田稔先生を偲ぶ会/秋田稔先生略歴
あとがき 松井弘子