コロナがなかなか収まらない中、東京では8月22日まで緊急事態宣言が出されました。皆さまどのようにお過ごしでしょうか? 

世田谷キャンパスでは学内工事のため同窓会事務局のある建物が8月下旬まで閉鎖中です。そのため9月発行の会報「ランターン」誌がひと月ほど遅れて発送することになる予定です。大変申し訳ありませんが、どうぞご理解ください。

そのような中で一つ、ご報告があります。いつも役員会・委員会は祈りをもってはじまり、黙とうで終わりますが、7月9日の合同役員会・委員会は森山浩二先生のお話、佐谷戸輝子先生(高校39)の奏楽で始めました。森山先生には総会の礼拝を昨年、今年とお願していたにも拘らず中止になってしまいました。また、新役員は先生の教え子が多いということもあってお願いしました。久しぶりの森山節でしたが、会場の都合で礼拝後先生を囲んで懇談の時を持てなかったのは残念でした。礼拝に参加された本山早苗中学・高等学校校長(高校33)からの言葉、そして長く同窓会推薦の学園理事を務められ退任された那須恵子先生(高校10)のスピーチをいただくことが出来たのは幸いでした(森山先生のお話の要約は秋発行の恵泉誌に掲載予定です)。 

さて今年の恵泉デーは昨年とは異なり、同窓生の入場が制限付きで認められることになりました。ただ、飲食関係は一切認められません。また状況によっては直前の中止もあり得ること等を考え、同窓会は従来のコーヒーやクッキー等の販売、チャリティーコンサートは行わず、役員・委員で行うバザーと休憩室のみとすることにいたしました。同窓生の入場もかなり制限されますので申し込み制にいたします。9月末からお届けが始まる「ランターン」にて、お申し込み方法等、詳しいことをお知らせします。ご入場希望の方は必ずお読みになり、お申し込みを忘れずにお願いいたします。 

これからコロナの状況によりいろいろ変わっていく事もあろうかと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。

2021年7月27日 
同窓会会長 塚本康子(高校17)