12月15日(火)世田谷キャンパス、フェロシップホールにて、恵泉会友の会のクリスマス礼拝・祝会が行われました。例年は大会議室で開催しますが、今年は密を避けるためにフェロシップホールでした。 礼拝は、友の会会長の田村博先生のお話、鷲晶子さんの奏楽により守られました。続いてスライドを交えて大江浩先生の「草の根の人々と共に生きる平和〜中村哲医師・アフガニスタン、そしてキリスト教ミッション団体の現場から〜」というタイトルで講演がありました。中村医師が銃弾に倒れてから1年、大変時宜を得たお話でした。

終了後は、茶話会の代わりに、カードの入ったお菓子をいただきました。とても心温まるひと時を過ごすことができました。例年、今頃は多摩キャンパスのクリスマスコンサートでオルガンの響きを楽しむのですが、今年はそれもかなわず、淋しく思っていましたが、友の会で鷲さんの演奏を聴くことが出来ました。 パイプオルガンに合わせて讃美歌を歌うのは久しぶりでしたが、やはりいいものだと思いました。 今年は大学のある多摩キャンパスに行く機会がありませんでしたが、来年は行かれますよう願っています。

そして何よりもコロナが終わり、生徒・学生が通常の勉学、そして行事が出来ますように、また、恵泉会、友の会、同窓会の活動を神様お守りくださいと祈りたいと思います。 皆さまどうぞお元気でよいお年をお迎えください。

【おしらせ】2021年1月11日(月・祝日)14:30〜 世田谷キャンパス、フェロシップホールにて「はたちを祝う会礼拝」を行う予定です。ただし新型コロナウイルスの流行状況により、直前の中止もあるかもしれません。その場合同窓会の公式サイト等にてお知らせいたします。


2020年12月24日 クリスマスイブに

同窓会会長 塚本康子(高校17)