朝夕の寒さがこたえる季節になりました。いかがお過ごしでしょうか? 例年なら恵泉デー、恵泉祭を楽しみ、旧交を温める頃ですが、今年は新型コロナウィルス感染拡大のため、恵泉祭は中止、恵泉デーも校内のみで行うことになってしまいました。

11月2日の創立91周年記念式典は、生徒たちと少人数の来賓の参加で行われ、私は出席を許され参加しました。卒業後25年の招待学年等昼食会はありませんでしたが、来年度にもちこして計画されるようです。

記念講演は卒業生で現在大活躍の作家、柚木麻子さん(高校52)の「完璧じゃなくても光を受けついでいく」というタイトルでお話くださいました。柚木さんは現在、河井道先生を題材にした本を書かれていて、来年秋には単行本となって発売される予定とのことです。そのため史料室にはよく来られていますし、文芸部のコーチとしてお世話にもなっています。明るく元気よく、少し早口で河井先生のことを語られました。河井先生について知る機会がなかなかない生徒たちにとってわかりやすく、楽しく知るよい機会だったと思います。

柚木さんは、河井先生から直接教えを受けた80歳代、90歳代の卒業生たちが口をそろえて「恵泉の生活が楽しかった、たとえ戦時下にあっても楽しかった」と言っていたことが印象的と言っておられました。終わりに見せていただいたスライドも生徒たちには興味深かったと思います。

11月3日、私は礼拝を担当させていただき、その後フェロシップホールでおこなわれたハンドベル、コーラス、演劇部の発表を見ました。あとは各クラスで作成された動画です。1年生は屋上のバイブルガーデンの事や英語の歴史、世界の国々等各クラスともなかなかの力作、1年から6年までの動画を見ながら、いまの先生たちの最新の機器を使ってのご指導の素晴らしさにも感動いたしました。

【予告1】12月5日(土曜日)13:30から世田谷キャンパス・グレイスホールにてクリスマス礼拝とハンドベルのミニコンサートがあります。礼拝のお話は吉川俊子先生です。お申し込みが必要です。詳細、お申込みはこちらをご覧ください。

【予告2】2021年1月11日(月曜日・祝日)14:30から世田谷キャンパス・フェロシップホールにて「はたちを祝う礼拝」を行います。礼拝担当は広田叔弘先生です。着替えの部屋は用意していません。

両行事ともコロナの流行の状況により直前に中止になる場合があるかもしれません。同窓会の公式サイト等にて確認してください。


2020年11月16日

同窓会会長 塚本康子(高校17)