ksf20170314_sotugyouski01.jpg
本日、世田谷キャンパスにて、第70回の高等学校卒業式が行われました。

卒業式次第より
・讃美歌284番「主のとうときみことばは」
・聖書朗読 イザヤ書 30章 21節
      ヨハネによる福音書 14章 6節
・卒業生一同による合唱
「The Heaven of Rest」G.Moore作曲


恵泉の卒業式にかかせないのが「光よ」の歌。この歌とともに、学燈(ランターン)から灯されたろうそくを手に旅立ちます。
これは第1回目の卒業式(1934年)から続く恵泉女学園の伝統です。

【恵泉の卒業式には「学燈ゆずり」という伝統があり、第1回より今日まで続いています。卒業生代表が在校生代表に学燈を手渡し、一人ひとりの卒業生が学燈から灯をうけ、「光よ」の歌を歌いながら退場します。河井は『わたしのランターン』(「My Lantern」の邦訳版)の中で、「ここまで、わたしは、わたしのランターンをかかげてきた。時がくると、それは別の手へとひき継がれて、さらに先へと運ばれていくであろう」と書いています。河井の志が、今もこの学燈ゆずりに込められて引き継がれています。(学園公式サイトより)】

今年の同窓会からの卒業記念品は、この「ひかりよ」のメロディを奏でるオルゴール。オルゴールをきくたびに恵泉での日々を思い出していただけますように。

ksf20180314_sotugyoushiki02.jpg
パティオでは恒例の記念撮影が始まりました。
校舎の4階に構えているカメラマンに笑顔を見せています。
いつもは個性的な自由服の彼女たちですが、この日だけは白いブラウスと黒いスカートに身を包みます。
今日はお天気がよく気温も暖かくて、撮影日和!

卒業生のみなさまへ。
卒業おめでとうございます。
そして、同窓会へようこそ!

*多摩キャンパスでの卒業式は3月16日です。

*写真をクリックすると大きくご覧いただけます。