kamura.jpg

1961年(昭和36年)から1987年(昭和62年)まで、高等学校で教鞭をとられていた数学の嘉村博子先生が2010年5月21日、亡くなられました。88歳のご生涯でした。謹んで哀悼の意を表します。

ご略歴

大正10年(1921)12月2日 坪根利三郎、タカの次女(三男、三女)として福岡県北九州市小倉にて出生
昭和12年(1937)3月 福岡県立小倉高等女学校卒業
昭和15年(1940)9月 小倉日明教会にて、川村泰次郎牧師より受洗
昭和18年(1943)9月 嘉村佑一と結婚
昭和19年(1944)7月12日 長男 祐輔誕生
昭和20年(1945)6月 文部省科学研究補助技術員、米沢工業専門学校養成所電気通信科入所
昭和20年(1945)10月 米沢工業専門学校電気通信科聴講生、同校電気通信科助手勤務
昭和21年(1946)4月 東海大学電気通信科助手勤務
昭和25年(1950)4月 東京女子大学短大部数理科入学
昭和27年(1952)3月 立教大学理学部数学科3年編入学
昭和29年(1954)4月 昭和女子大学付属高等学校教諭
昭和36年(1961)4月 恵泉女学園高等学校教諭
昭和62年(1986)3月 同校定年退職

教会歴

昭和24年(1949)日明教会より駒沢教会に転籍
昭和46年(1971)駒沢教会より千歳丘教会に転籍




下記にてお通夜、ご葬儀が執り行われました。

前夜式では、佐伯幸雄(現中学高等学校校長)先生の司式のもと、吉岡望(高校27回、佐伯幸雄氏の長女)さんが奏楽をつとめ、大島富士子(高校27回)さんの賛美歌独唱も添えられました。告別式は十時久枝(高校4回、短英3回)さんのご主人で、千歳丘教会牧師、十時英二先生の司式で行われました。

お通夜:5月22日(土) 午後6時
ご葬儀:5月23日(日) 午後1時30分
会場:サンセルモ玉泉院 世田谷会館(世田谷区船橋7-17-4)