ksf20181121_kimurakeikobook02.jpg
『よかったね、よかったね。』
著者:文・木村恵子(高校15) 絵・biibi 英訳:そふぃあ

文芸社 2018年11月15日刊
1,300円+税

木村恵子さん(高校15)のはじめての絵本です。日本語の文を木村さんが書き、木村さんのお孫さんのそふぃあさんが英文に訳されました。色のきれいな絵は木村さんのご友人。 

うみべの村、はたけの村、のやまの村の人々はそれぞれ楽しく暮らしていました。その穏やかな暮らしを脅かすものがやってきたとき、村の人々はどういう行動を取ったのでしょう。ちょっとした行き違いから争いは起きるけれど、ちょっとした勇気で解決することができる。そんなことを考えさせてくれる絵本です。繰り返しの言葉のリズムが心地よく、子どもたちと一緒に繰り返し読みたい絵本です。
*写真をクリックすると大きく表示されます
ksf20181121_kimurakeikobook01.jpg