活動計画

総会・ホームカミングデー

2018年04月21日 世田谷キャンパス

ご案内

2018年度総会・ホームカミングデーを開催いたします。

私たちの同窓会はすべての卒業生が「一つの同窓会」に所属しています。時代やキャンパスが異なっていても、どもに創立者・河井道先生の建学の精神のもとに学んだ仲間として、共に交わり学び、成長して参りましょう。総会はみなさまのご意見をお聞かせいただく大切な場です。多くの方のご出席をお待ちしています。
同窓会会長 中山身知子(短園14)

【礼拝】
10:00 礼拝
    メッセージ 宇野 緑先生(恵泉女学園大学キリスト教教育主任)

【総会】
10:30 議事:2017年度 活動報告・決算報告
      2018年度 活動計画案・予算案

【ホームカミングデー】
12:30 昼食会

14:00 中・高課外オーケストラ部員・OGによるジョイントコンサート
《第一部》
<ヴァイオリン独奏>
ヴァイオリン:門倉茜(高校64)
・無伴奏ソナタ第2番より Obsession,Malinconia,Les Furies イザイ作曲

<ヴァイオリン・コントラバス二重奏>
ヴァイオリン:門倉茜(高校64) コントラバス:山内智世歌(中学58)
・パッサカリア ハルボルセン作曲

《第二部》
中・高課外オーケストラ部員43名、OG17名 指揮:小松拓人
・威風堂々 エルガー作曲
・交響曲第五番ハ短調より第四楽章 ベートーヴェン作曲
・組曲「仮面舞踏会」より『ワルツ』 ハチャトリアン作曲
・パイレーツ・オブ・カリビアン バデルト作曲

ご報告


ksf20180517_soukai.jpg

 
*写真をクリックすると大きくごらんいただけます

2018年4月21日(土)

【礼拝】 グレイスホール
司会 尾石 翠(短園14)
奏楽 森昭子(高校17)

前奏
讃美歌 讃美歌21 575番
聖書 コヘレトの言葉 3章1~11節
祈祷
お話「すべての『時』に風は吹く」
宇野緑先生(恵泉女学園大学 キリスト教教育主任)
祈祷
讃美歌 日本聖公会『聖歌集』476番
後奏

【コヘレトの言葉 3章1~11節】
1何事にも時があり
 天の下の出来事にはすべて定められた時がある。 
2生まれる時、死ぬ時
 植える時、植えたものを抜く時 
3殺す時、癒す時
 破壊する時、建てる時 
4泣く時、笑う時
 嘆く時、踊る時 
5石を放つ時、石を集める時
 抱擁の時、抱擁を遠ざける時 
6求める時、失う時
 保つ時、放つ時 
7裂く時、縫う時
 黙する時、語る時 
8愛する時、憎む時
 戦いの時、平和の時。 
9人が労苦してみたところで何になろう。 
10わたしは、神が人の子らにお与えになった務めを見極めた。11神はすべてを時宜にかなうように造り、また、永遠を思う心を人に与えられる。それでもなお、神のなさる業を始めから終りまで見極めることは許されていない。 

礼拝のメッセージは大学のキリスト教教育主任の宇野緑先生からいただきました。

一冊の絵本を紹介してくださいました。
『ぼくがラーメンたべてるとき』長谷川 義史著 教育画劇刊)
「ぼくが ラーメン たべているとき 
  となりで ミケが あくびした
   となりで ミケが あくびしたとき...。」
同じ時にさまざまな場所で起きていることが描かれています。「となりのとなり」が、ページを追っていくと、となりのくにの女の子や男の子の話になってきます。そのくにでは、こどもが水を汲み、牛を引き、パンを売り、そして倒れています。そして風が吹いている。」

宇野先生は聖書の箇所にかかれている「時」と、この絵本で同じ「時」におきていることについてお話しくださいました(お話の詳細は『恵泉誌』524号つばめの巣に掲載予定)。
 
【総会】 グレイスホール
総会は72名(有効会員数24818名/定足数2481名 出席者72名/委任状4573名)のご出席を得て全議事が審議・承認されました。
また同窓会独自の同窓生のための基金<K.S.ファンド>について、K.Sファンド運営委員会委員長の松井弘子さん(高校14、短英13)から、ファンドの意義と2017年度活動(奨励者等)について報告がありました。
2017年度の決算報告と2018年度予算案、K.S.ファンド活動報告の詳細は、同窓生全員にお送りする会報誌『ランターン 35号』(2018年9月発行予定)にてお知らせいたします。

【ホームカミングデー 昼食会】 大会議室
総会のあとは大会議室に場所を移して昼食会が行われました。テーブルには園芸科部の委員たちによる季節の花が飾られます。このお花は委員たちのご自宅のお庭の花が使われます。
一色先生に食前の感謝の祈りをしていただいて、昼食をいただきました。
昼食会には学園理事長の宗幸雅幸氏、学園長の中山洋司先生、中学・高等学校校長の加藤英明先生、同副校長の松井信行先生、大学長の大日向雅美先生、学園特別顧問の一色義子先生(専英1)にご出席いただきました。

今年は3月に高校を卒業した新しい同窓会会員も2名出席


【ホームカミングデー コンサート】 フェロシップホール
ksf20180517_kadkura.jpg
今年のコンサートは、中・高課外オーケストラ部員とOGによるジョイントコンサートでした。
OG16名、在校生44名による素晴らしいコンサートでした。指揮者は2015年度より課外オーケストラのご指導をなさっている小松拓人先生です。
OGと在校生のジョイントコンサートが行われることになった経緯は9月発行の会報『ランターン』でご報告する予定です。


<プログラム>
中・高課外オーケストラ部員・OGによるジョイントコンサート
《第一部》
<ヴァイオリン独奏>
ヴァイオリン:門倉茜(高校64)
・無伴奏ソナタ第2番より Obsession,Malinconia,Les Furies イザイ作曲

ksf20180517_kadkura&chiyoka.jpg
<ヴァイオリン・コントラバス二重奏>
ヴァイオリン:門倉茜(高校64) コントラバス:山内智世歌(中学58)
・パッサカリア ハルボルセン作曲

《第二部》
中・高課外オーケストラ部員43名、OG17名 指揮:小松拓人
・威風堂々 エルガー作曲
・交響曲第五番ハ短調より第四楽章 ベートーヴェン作曲
・組曲「仮面舞踏会」より『ワルツ』 ハチャトリアン作曲
・パイレーツ・オブ・カリビアン バデルト作曲

アンコール:ラディツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世作曲



ksf20180517_oche.jpg
参加OG:〔ヴァイオリン〕門倉茜、武田莉沙(高校62)、西尾美香(高校62)、若林瑞玲(高校67)、吉原恵理(高校67)、小暮愛実(高校68)、野村友乃(高校69)、藤本ありさ(高校69) 〔チェロ〕奥津なつみ(高校62) 〔コントラバス〕山内智世歌 〔フルート〕石橋理恵(高校62)、福田朋美(高校64) 〔オーボエ〕石橋 葵(高校67) 〔ファゴット〕大村美名(高校65) 〔トランペット〕稲垣彩夏(高校64)、〔パーカッション〕中村柚子(高校67)

*写真をクリックすると大きくご覧になれます

一覧へ戻る

ページの先頭へ