活動計画

河井道先生墓前礼拝 参加

2016年04月08日 東京霊園(八王子 高尾)

ご案内

30分程度の礼拝をおこない、解散します。

 
  • 日時:4月8日(金)11:00〜11:30
  • 場所:東京霊園(八王子)
     JR中央線・京王線「高尾」駅下車バス6分(JR北口広場「1」番乗り場から乗車し「霊園正門」で下車)

ご報告

4月8日、高尾の東京霊園で行われた河井道先生の墓前礼拝に参列しました。

ksf2016041103.jpg
桜が満開を迎え、春にしては少し温かなこの日、理事長、学園長、大学長をはじめとする学園関係者、そして世代を越えた同窓生のみなさまと、河井道先生と恵泉女学園のことを思う素晴らしいひとときを過すことができました。

一色義子先生はメッセージにて、河井先生の思い出をお話くださいました。
ローマの信徒への手紙のこの箇所は、繰り返し暗誦した聖句だそうです。
そして、河井先生が常に祈っていらした話をしていていただきました。
「夜は一人で静かに聖書を読んで祈る。朝起きればまず聖書を読んで祈る。祈りの生活をされていたことを思い出します。笑うことが大好きなかたでした。誰もやらないことをやる実行力もおありでした。勇気のある方でした。その勇気は信仰からくる勇気であったと思います。ユーモアも大好きな方でした。そして、恵泉の生徒にひとりひとりの存在を大切にするというお考えでした。キリストにより生かされた河井先生であり、キリストの贖いにより生かされているいる私たちとのあいだに大きなつながりがあることを神様に感謝したいと思います」

最後には一色先生のご提案で、みなで校歌の一番を歌いました。

ksf2016041102.jpg
*墓前礼拝は原則として毎年4月10日、午前11時から行われます。今年は10日が日曜日にあたるため8日に行われました。来年はぜひお出かけください。

*お花は恵泉園芸センターのアレンジによるもので、同窓会がお捧げしています。


【河井道先生墓前礼拝 式次第】
2016年4月8日(金) 11時?11時30分

○招詞 詩篇103編 17~19節

○讃美歌 353番「いずみとあふるる」 一同

○聖書  イザヤ書 40章 27~31節
    ローマの信徒への手紙 12章 6節~12節
6 わたしたちは、与えられた恵みによって、それぞれ異なった賜物を持っていますから、預言の賜物を受けていれば、信仰に応じて預言し、 7 奉仕の賜物を受けていれば、奉仕に専念しなさい。また、教える人は教えに、 8 勧める人は勧めに精を出しなさい。施しをする人は惜しまず施し、指導する人は熱心に指導し、慈善を行う人は快く行いなさい。 9 愛には偽りがあってはなりません。悪を憎み、善から離れず、 10 兄弟愛をもって互いに愛し、尊敬をもって互いに相手を優れた者と思いなさい。 11 怠らず励み、霊に燃えて、主に仕えなさい。 12 希望をもって喜び、苦難を耐え忍び、たゆまず祈りなさい。

○主の祈り 一同
○メッセージ 一色義子先生(普通部12、専英1、学園特別顧問)
○祈祷  一色義子先生(普通部12、専英1、学園特別顧問)
○讃美歌 527番「わがよろこび、わがのぞみ」 一同
○頌栄  539番「あめつちこぞりて」     一同
○祝祷

○献花

一覧へ戻る

ページの先頭へ